ネットワークビジネス企業情報公開!あなたが稼げるかはやり方次第!

ネットワークビジネスの企業情報や評判を検証し公開しています。あなたが稼げるかどうかはやり方次第かもしれません。

ネットワークビジネスでつい転売してしまう心理から考える対策のほうが大事

 

ネットワークビジネスの転売問題の現状

ネットワークビジネス製品が転売されている問題が取り上げられていますね。

約70%のネットワークビジネス企業は規約で転売を禁止しているそうです。

禁止していない企業が約24%ありますが、その企業はよほど製品に自信があるのかも?

 

転売されたら、安い価格で購入できちゃいますから、企業としては売上ダウンにつながります。困りますね。

 

「企業=会員の勧誘の痛手」にも繋がるという実態。

 

現在、大手の買取サイトがネット検索で軒を連ねています。

転売するなら買取サイト?

それとも、フリマやオークション?

どちらにせよ、よく掲載されていますね。

 

この問題に対して、ネットワーク企業各社は頭を悩ませ、対策を講じているそうです。

 

企業がしている転売対策とは?

f:id:mokomama1129:20171221155456j:plain

ある企業では、製品にロッナンバーを記して、流通経路を確認できるようにしているそうです。

さらに、代理店制度のある企業から、転売が発覚したら代理店の権利が抹消されてしまうという厳重な規約を儲けているところもあります。

 

退会後の転売が多い傾向からある企業では、退会後90日以内に、未使用製品の返品OKにしているところもあるそうです。

これは、なかなか手の打ち方がすばらしいなーと感じました。

 

対策虚しく現状改善しない理由

買取サイトに取り下げ削除を依頼しても、個人情報保護から、知ることは無理。

出品者の事情を知るためには、出品されている製品を買い取りする以外にはないそうで、そんなこと全部対応できないはずですよね。

 

オークションなら製品を落札して出品者を突き止めるしかないということだそうですね。

 

事後対応では改善しない

日本の法律でもそうですが、事件が起きてから法律が制定されるのと同じように、転売されてから、対応する対策を考えるのではなく、なぜつい転売してしまうのか?という心理を考えるべきでしょう。

 

なぜつい転売してしまうのか?

私は、2つあると感じます。

 

1・在庫を抱える仕組みに問題あり

タイトル維持、見込み外れの在庫購入、報酬が増えず、支払いが過多になってどうにもならない状態に陥れば、転売してしまう可能性が高まりますね。

 

 

 2・ネットワークビジネスを退会した人の心理から製品も嫌いになる。

意気揚々と夢をいだき、ネットワークビジネスに参加したものの・・・

 

・勧誘がうまくいかない

・勧誘できる人が尽きる

・ダウンができない

・セミナー通いとアップからの圧力で疲弊する

・収入が上がらない

 

こういう負のスパイラルに陥ると、いくら好きで優秀な製品であっても、感情で製品すら嫌いになってしまうのではないでしょうか?

 

大好きで夢中だった人とうまくいかなくなって、その人を思い出すものを全部捨ててしまいたくなる心情と同じかもですねー。

 

だから、転売して少しでもお金に買えて自分を癒す心理・・・

私も昔やりましたから(時効です)わかりますよ♪

 

こうならないためにはどうしたらよいか?

 

ネットワークビジネスで稼げばいいのです^^

 

勧誘をやめたら稼ぎがコツコツ増えました